2008年12月の中華人民共和国 | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

2008年12月の中華人民共和国

不審な中国語メールが誤配信、問い合わせた6名の情報流出(アイ・キュー) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

不審な中国語メールが誤配信、問い合わせた6名の情報流出(アイ・キュー)

 株式会社アイ・キューは12月18日、同社「人材バンクネット」のメールマガジンの購読者に、中国語のメールがサーバより誤配信されたことについて発表を行った。誤配信は、12月16日から17日にかけて発生したもので、調査の結果、当該メールに対して問い合わせを行った6名

2008年11月のスパム配信国、中国のランクが急上昇(トレンドマイクロ) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

2008年11月のスパム配信国、中国のランクが急上昇(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は12月3日、2008年11月のスパムマップ配信国ランキングをブログ上で発表した。ランキングは、1位がアメリカ、2位が中国、3位がブラジル、4位がロシア、5位がトルコと前月より順位が変動している。中国の急上昇が懸念されるが、全体でみた場合

秋葉原の路上で海賊版を販売していた、中国人2人を現行犯逮捕(ACCS) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

秋葉原の路上で海賊版を販売していた、中国人2人を現行犯逮捕(ACCS)

 ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、警視庁万世橋署は11月22日、東京・秋葉原の電気街で権利者に無断で複製したコンピュータソフトウェアを露天販売していたとして、露天商2人を著作権法違反の疑いで現行犯逮捕し、24日東京地検に送致した。

    Page 1 of 1
    ★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
    ★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

    2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

    ×