不審な中国語メールが誤配信、問い合わせた6名の情報流出(アイ・キュー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

不審な中国語メールが誤配信、問い合わせた6名の情報流出(アイ・キュー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社アイ・キューは12月18日、同社「人材バンクネット」のメールマガジンの購読者に、中国語のメールがサーバより誤配信されたことについて発表を行った。誤配信は、12月16日から17日にかけて発生したもので、調査の結果、当該メールに対して問い合わせを行った6名の会員のメールが、メールマガジン購読者の一部に配信されていたことが新たに判明した。これにより、同会員6名の氏名およびメールアドレスが流出している。同社では引き続き詳細を調査中としている。


http://www.iqiq.co.jp/news/2008/12/post_38.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×