自民党がフィッシング詐欺に注意喚起 | ScanNetSecurity
2024.04.19(金)

自民党がフィッシング詐欺に注意喚起

 自由民主党は2月16日、フィッシング被害への注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威
不正送金発生状況
  • 不正送金発生状況
  • サイバーセキュリティ対策9か条

 自由民主党は2月16日、フィッシング被害への注意喚起を発表した。

 同党によると、金融機関(銀行)を装ったフィッシングサイト(偽サイト)へ誘導するメールが多数確認されている他、パソコンに偽のセキュリティ警告を表示して金銭をだまし取るサポート詐欺の被害も増加しており、2023年に発生したインターネットバンキングにおけるフィッシング詐欺の被害件数は11月時点で5,147件、被害額は80.1億円と過去最多であるという。

 同党ではこれらの脅威に対応するために、「不審なリンクは開かない」「パスワードは長く複雑にする」「パスワードに加えて、アプリ等による複数の手段で本人確認を行う」といった基本的な対策(サイバーセキュリティ対策9か条)の徹底が重要としている。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. バッファロー製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

    バッファロー製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

  2. PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

    PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

  3. Windows DNS の脆弱性情報が公開

    Windows DNS の脆弱性情報が公開

  4. Ivanti Connect Secure と Ivanti Policy Secure Gateways に複数の脆弱性、1 月以降の状況を整理

  5. Palo Alto Networks 社製 PAN-OS GlobalProtect に OS コマンドインジェクションの脆弱性

  6. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  7. JNSAを騙る振込詐欺電話、実在する職員氏名を詐称

  8. 東京ディズニーリゾートを装ったフィッシングメールに注意を呼びかけ

  9. a-blog cms に URL 偽装の脆弱性

  10. 警視庁のウェブサイトを模倣した偽サイトに注意を呼びかけ

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×