fjコンサル「キャッシュレスセキュリティレポート 2023年1Q」公表、カード情報流出件数 173,332件 | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

fjコンサル「キャッシュレスセキュリティレポート 2023年1Q」公表、カード情報流出件数 173,332件

 fjコンサルティング株式会社は7月6日、かっこ株式会社と共同で「キャッシュレスセキュリティレポート(2023年1-3月版)」の統計を公表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 fjコンサルティング株式会社は7月6日、かっこ株式会社と共同で「キャッシュレスセキュリティレポート(2023年1-3月版)」の統計を公表した。

 fjコンサルティングとかっこでは、2023年7月よりクレジットカード情報流出事件に関する統計とECに関する不正利用傾向に関するレポートを共同でとりまとめ、毎年1月、4月、7月、10月の第1週に、3ヶ月前の四半期のデータを公表する。レポートの内容は下記の通りで、統計データに加え、直近のカード情報流出事件のトレンド、不正利用のトレンドに関する解説を掲載する。

1.カード情報流出事件の概況
(1)カード情報流出事件数・流出件数の推移
(2)商材別・情報流出期間別事件数・流出件数
(3)カード情報流出事件のトピック
(4)クレジットカード情報保護対策に関する考察

2.ECにおける不正利用の概況
(1)クレジットカード不正利用被害額の推移
(2)ECサイト不正利用の傾向
(3)不正利用のトピック
(4)クレジットカード不正利用対策に関する考察

 同レポートによると、1月から3月のカード情報流出事件は16件で、カード情報流出件数は173,332件、商材別の事件数はアパレルが5件で1位に、コスメが4件、食品が3件と続いた。情報流出期間で見ると1~3年が8件で最も多く、3ヶ月以内が5件、3ヶ月~1年が2件と続いた。

 同四半期のトピックとして、2022年11月に公開された、入力フォーム最適化支援を提供するSaaSの脆弱性を突く攻撃を原因とするカード情報流出事件が4件公表されたことを挙げ、決済機能を持たないサービス事業者を攻撃したカード情報の流出は国内初と紹介している。

 1月から3月のクレジットカード不正利用被害額合計は120.4億円で、偽造は0.7億円、番号盗用が133.3億円であった。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×