東北電力が小売電気事業者情報を閲覧、関電での漏えい事案を受け電力・ガス取引監視等委員会が調査し発覚 | ScanNetSecurity
2023.02.03(金)

東北電力が小売電気事業者情報を閲覧、関電での漏えい事案を受け電力・ガス取引監視等委員会が調査し発覚

 東北電力株式会社は1月13日、東北電力ネットワーク株式会社が管理する東北電力以外の小売電気事業者の顧客情報を、東北電力の従業員が閲覧していたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 東北電力株式会社は1月13日、東北電力ネットワーク株式会社が管理する東北電力以外の小売電気事業者の顧客情報を、東北電力の従業員が閲覧していたことが判明したと発表した。

 東北電力の調査によると、東北電力の3営業所(青森県、岩手県、宮城県内の各1ヶ所)にて、東北電力の従業員も立入可能な東北電力ネットワークとの共有スペースに東北電力ネットワーク用の端末が配置されており、営業所に端末を新規配備する際に、東北電力ネットワークが管理する情報を閲覧可能な端末が誤って配備されたことで、小売電気事業者の顧客情報が閲覧可能な状態となっていたという。2営業所では、東北電力の従業員が同端末を使用して小売電気事業者の顧客情報を閲覧していたことを確認している。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×