国立成育医療研究センターWebサイトへの不正アクセス、WordPressのID・パスワードが類推しやすいことが原因 | ScanNetSecurity
2024.04.19(金)

国立成育医療研究センターWebサイトへの不正アクセス、WordPressのID・パスワードが類推しやすいことが原因

国立研究開発法人国立成育医療研究センターは10月6日、1月13日に公表した「小児医療情報収集システム」web サイトへの不正アクセスについて、詳細な事象と調査経過、今後の対応策について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 国立研究開発法人国立成育医療研究センターは10月6日、1月13日に公表した「小児医療情報収集システム」web サイトへの不正アクセスについて、詳細な事象と調査経過、今後の対応策について発表した。

 これは1月4日に、同センターが管理するドメイン内に不正に設置されたと推測されるファイルが見つかった旨の連絡が政府機関から同センター情報管理部にあったというもので、具体的には検索サイトで「激安」で検索した際に「pharma-net.ncchd.go.jp」内に多数ヒットした。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×