新たに発表PCI DSS v4.0公開から移行までのスケジュールについて専門企業コメント | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

新たに発表PCI DSS v4.0公開から移行までのスケジュールについて専門企業コメント

fjコンサルティング株式会社は7月20日、PCI Security Standards Council(PCI SSC)が6月に公式ブログで公表したPCI DSS v4.0公開から移行までのスケジュールについて見解を示した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 fjコンサルティング株式会社は7月20日、PCI Security Standards Council(PCI SSC)が6月に公式ブログで公表したPCI DSS v4.0公開から移行までのスケジュールについて見解を示した。

 同社では今回発表されたスケジュールについて、PCI DSS v4.0の正式版は2022年第1四半期公開予定となり、2021年2月に公表されたスケジュールの2021年第4四半期予定から、さらに延期されると指摘している。

 また新たなスケジュールによると、RFC(Request for Comment)に参加したParticipating Organization(PO)、QSA、ASVに対し、PCI DSS v4.0及びSummary of Changesの先行プレビュー版の公表が2022年1月に予定され、これらの文書の正式版は、サポートドキュメント(PCI DSS準拠を確認するための準拠証明書、審査報告書等の文書)と共に3月の公表予定。同時に、2020年秋実施の第2回RFC及び2021年6月に実施するサポートドキュメントに対するRFCのフィードバックサマリーが正式版の公表時にRFC参加者に対し提示される。

 2022年6月からPCI DSS v4.0に対応したQSA及びISAのトレーニングが始まり、トレーニング開始後18ヶ月間がv3.2.1からv4.0の移行期間となる予定。「未来日付の新要件」とされた一部の要件については、PCI DSS v4.0 リリース後2年半から3年の間で対応期限が設定されることが予想されるとしている。PCI DSS v3.2.1の有効期限と未来日付の新要件の対応期限については、2022年3月に公表されるPCI DSS v4.0正式版に記載されるとのこと。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×