食品原材料や化粧品原料等取扱いのカネダ、社内システムがランサムウェア感染 | ScanNetSecurity
2024.04.21(日)

食品原材料や化粧品原料等取扱いのカネダ、社内システムがランサムウェア感染

食品原材料や化粧品原料、医薬医療材を販売するカネダ株式会社は6月7日、同社社内システムが6月2日早朝にランサムウェアによる不正アクセスがあった旨を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 食品原材料や化粧品原料、医薬医療材を販売するカネダ株式会社は6月7日、同社社内システムが6月2日早朝にランサムウェアによる不正アクセスがあった旨を発表した。

 同社では全社システムの停止及びネットワーク遮断を行い、関連企業の専任担当者による協力のもと、影響範囲と原因の特定を進めている。

 なお現時点での不正アクセスによる影響として、一部サーバ及びパソコンがアクセス不能となった他、それ以外の稼働可能な状況にある機器にも多くの痕跡を確認している。

 同社では調査と並行し、システム復旧を順次進めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×