LogStareシリーズ新製品「LogStare Quint」販売開始、AI予測による障害予防も | ScanNetSecurity
2022.05.29(日)

LogStareシリーズ新製品「LogStare Quint」販売開始、AI予測による障害予防も

株式会社セキュアヴェイルは3月12日、同社の100%子会社である株式会社LogStareがセキュアヴェイルより引継ぎ開発する次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム「LogStare」シリーズの新製品「LogStare Quint」の正式販売を同日から開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社セキュアヴェイルは3月12日、同社の100%子会社である株式会社LogStareがセキュアヴェイルより引継ぎ開発する次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム「LogStare」シリーズの新製品「LogStare Quint」の正式販売を同日から開始すると発表した。

「LogStare」シリーズは、2001年の創業時からSOC(Security Operation Center)サービスを提供し続けるセキュアヴェイル社のセキュリティ運用ノウハウと、ログのビッグデータ分析を実現する大量データ分散技術を用いて独自に開発された、純国産のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム。

新製品となる「LogStare Quint」はシステム監視、ログ管理、AI予測をワンパッケージで実現するオンプレミスのソフトウェアで、日々のシステム監視業務からインデト発生時のログ分析や原因調査、その後の報告書作成までを一気通貫で支援する。さらに同製品では、AI予測による障害の予防も可能となり、セキュリティ運用に係る時間やコスト、人的負荷を総合的に低減させることができる。

「LogStare Quint」は利用ユーザー数の制限はなく、価格は年額60万円から、2021年5月以降順次出荷予定。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×