PCI DSS v4.0の公開予定延期、fjコンサルティング 見解 | ScanNetSecurity
2021.04.18(日)

PCI DSS v4.0の公開予定延期、fjコンサルティング 見解

PCI DSSに領域に特化したサービスを提供するfjコンサルティング株式会社は3月19日、2021年第2四半期とされていたPCI DSS v4.0の公開予定延期に関する見解を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
PCI DSSに領域に特化したサービスを提供するfjコンサルティング株式会社は3月19日、2021年第2四半期とされていたPCI DSS v4.0の公開予定延期に関する見解を発表した。

PCI Security Standards Council 公式ブログに掲載された新しいスケジュールでは、PCI DSS v4.0の完成は2021年第4四半期を目標となっており、その理由については監査報告書(ROC)、自己問診票(SAQ)、準拠証明書(AOC)などの付属文書についてRFC(Request for Comment)の追加実施を行い、その結果を反映するためとしている。

同社によると、追加実施される付属文書のRFCは2021年6月頃の実施が予定され、提示されるドラフトには2020年秋に実施されたドラフト第2版に対するRFCのフィードバックの反映が想定されるという。

PCI DSS v4.0公開から移行完了までのスケジュールは、今後数か月以内にPCI SSCから発表される予定である。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×