2021年1月中旬からEmotet活動再開、マクニカネットワークス報告 | ScanNetSecurity
2022.05.25(水)

2021年1月中旬からEmotet活動再開、マクニカネットワークス報告

マクニカネットワークス株式会社は1月27日、同社が8月7日に公開した「活動を再開した「Emotet」マルウェアへの対応について」を更新し、2021年1月から観測されている事例を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
マクニカネットワークス株式会社は1月27日、同社が8月7日に公開した「活動を再開した「Emotet」マルウェアへの対応について」を更新し、2021年1月から観測されている事例を発表した。

同社によると、2021年1月中旬よりEmotetを配布する活動が再開、従来のものと攻撃プロセスが変化し、「.exeファイル」で配布されていたEmotet が「.dll ファイル」で配布されるようになっていると指摘している。

また緊急事態宣言に伴い、メール本文自体に違和感の無い、企業が実際に送信したと推測されるメールの悪用が確認されており、改めて送信元メールアドレスへの注意がで、確認時は表示名ではなく実際のアドレスを注視するよう呼びかけている。

他にも、以前からあったZIPファイルのパスワード保護機能を利用して悪性なファイルを配送する手口について、最近のEmotetの配送の手法ではパスワードを画像として表記する方法が確認されており、この場合は、セキュリティメールゲートウェイで検出できない可能性があり、エンドポイントでの監視などと複合的に対処することを促している。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×