クラウド上のフォルダアクセス権が付与されたメール誤送信、コロナ陽性者一覧が閲覧可能 | ScanNetSecurity
2024.07.14(日)

クラウド上のフォルダアクセス権が付与されたメール誤送信、コロナ陽性者一覧が閲覧可能

福岡県は1月6日、同県の新型コロナウイルス感染症対策本部(調整本部)で取り扱う新型コロナウイルス感染症陽性者の個人情報漏えいが発生したと発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(新型コロナウイルス感染症対策本部(調整本部)における個人情報の漏えい等事案について)
  • リリース(経緯)
福岡県は1月6日、同県の新型コロナウイルス感染症対策本部(調整本部)で取り扱う新型コロナウイルス感染症陽性者の個人情報漏えいが発生したと発表した。

これは2020年4月に、新型コロナ陽性者の入院調整のために調整本部が作成した陽性者のデータを医療関係者間にてクラウド上で共有を開始、11月30日に調整本部から医療関係者1名へ患者情報等が含まれるファイルが入ったフォルダのアクセス権が付与されたメールを送信した際に、本来送付すべきアドレスと酷似していた男性のアドレス宛に誤送信したというもの。同日中に、当該男性から宛先誤りの件、調整本部に連絡があり、即日、当該ファイルが含まれるフォルダに対し当該男性のアクセス制限対応を実施したが、個別のファイルへのアクセス制限がなされなかったため、ファイルのURLに直接アクセスすれば利用可能な状態が継続、2021年1月6日に一部報道機関からの取材により個人情報の漏えいが発覚した。

なお、クラウド上のデータは、調整本部から送られた特定のURL指定によりフォルダに直接アクセスするか、調整本部からアクセス権を付与された者しか利用できないようになっていた。

漏えいしたのは、福岡県内の新型コロナウイルス感染症陽性者に関する約9,500人分の氏名、居住地、年齢、性別、症状などが記載された患者一覧表。

調整本部によると現在、クラウド上にアップロードしているファイルについて全削除を実施し、全ての者が閲覧できない状態となっている。

調整本部では対象者に事実関係を案内するとともに謝罪を予定、また個々のファイルへのアクセス状況について調査を実施している。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

    契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

  2. イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

    イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

  3. イセトーへのランサムウェア攻撃、リークサイトにダウンロード URL 出現も現在はファイルが消失

    イセトーへのランサムウェア攻撃、リークサイトにダウンロード URL 出現も現在はファイルが消失

  4. 東証プライム上場企業運営「PR TIMES」に虚偽情報による企業登録、2 件のプレスリリース掲載

  5. NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

  6. パルグループのサーバに不正アクセス、ポイント反映に影響

  7. 個人情報保護委員会、東京電力グループ 3 社に行政指導

  8. 護衛艦いなづまの艦長、資格のない隊員を特定秘密取扱職員に指名し懲戒処分

  9. 上智大学でシートの削除漏れ、全正規生 13,949 名の個人情報を海外協定校に誤送信

  10. 「反社会的勢力への利益供与に応じず」ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×