MobileIron提供の複数のMDM関連製品に脆弱性、パッチ適用を呼びかけ(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2022.05.29(日)

MobileIron提供の複数のMDM関連製品に脆弱性、パッチ適用を呼びかけ(JPCERT/CC)

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月15日、複数のMobileIron製品の脆弱性に関する注意喚起を発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月15日、複数のMobileIron製品の脆弱性に関する注意喚起を発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

MobileIron Core 10.6 およびそれ以前
MobileIron Sentry 9.8 およびそれ以前
MobileIron Cloud
Enterprise Connector 10.6 およびそれ以前
Reporting Database(RDB)

MobileIronが提供する複数のMDM(Mobile Device Management)関連製品には、脆弱性(CVE-2020-15505、CVE-2020-15506、CVE-2020-15507)が存在し、これらが悪用されると、認証されていない遠隔の第三者が任意のコードを実行したり、認証を回避したり、任意のファイルを読み取ったりする可能性がある。本脆弱性に関する情報や修正パッチは2020年6月に公開済みだが、9月12日に脆弱性の発見者が詳細を解説する発表や記事を公開し、本脆弱性を実証するとみられるコード(PoC)が公開されている。

JPCERT/CCでは今後、本脆弱性の悪用を試みる通信や攻撃が増加する恐れがあり、MobileIronが提供する本脆弱性を修正するパッチを適用するよう呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×