共有サーバ内から約500名の個人情報持ち出しが発覚(原田武夫国際戦略情報研究所) | ScanNetSecurity
2020.09.25(金)

共有サーバ内から約500名の個人情報持ち出しが発覚(原田武夫国際戦略情報研究所)

株式会社原田武夫国際戦略情報研究所は8月4日、同社の顧客の個人情報が一部流出した可能性について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社原田武夫国際戦略情報研究所は8月4日、同社の顧客の個人情報が一部流出した可能性について発表した。

これは7月31日に、同社共有サーバ内の一部から顧客の個人情報データが削除および持ち出されたことが発覚したというもの。

漏えいした可能性があるのは約500名の個人情報(氏名、住所、性別、メールアドレス、電話番号)。

同社では現在、警察と顧問弁護士に相談を行っており、今後は専門機関にて漏えい経路の調査を進め、その結果については判明し次第公表予定。

同社では今後、委託先を含め再度、セキュリティ強化を図り再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×