「エンドポイント脅威レポート 2019」日本のマルウェア遭遇率は世界平均の4分の1(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2020.07.12(日)

「エンドポイント脅威レポート 2019」日本のマルウェア遭遇率は世界平均の4分の1(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、「セキュリティエンドポイント脅威レポート 2019 で脅威の動向と対策を知る」と題する記事をMicrosoft Security Response Centerブログで公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
日本マイクロソフト株式会社は6月17日、「セキュリティエンドポイント脅威レポート 2019 で脅威の動向と対策を知る」と題する記事をMicrosoft Security Response Centerブログで公開した。6月16日に同社が公開した「セキュリティエンドポイント脅威レポート 2019 (Security Endpoint Threat Report) 」の概要と、同社が提唱する対策について紹介する内容となっている。

これによると、2019年のマルウェア遭遇率は減少傾向にあり、世界平均で3.24%となった。日本は世界平均の約1/4と、世界的に見ても遭遇率の低い国となっている。ランサムウェア遭遇率も減少傾向にあるが、WannaCrypt/WannaCryやNotPetyaのように自動的に感染を広げるタイプから「Human-Operated Ransomware (人間が操作するランサムウェア) 」と呼ばれる、より攻撃対象の組織にあわせて攻撃を実施するタイプへと変化しており、遭遇した場合の被害は拡大する傾向にある。

新型コロナウイルス(COVID-19)に乗じた攻撃状況では、2020年3月上旬に多数確認されており、攻撃全体の約2%を占めた。日本でも2月初旬から5月2日までの期間で14,000以上の攻撃が確認された。これらの攻撃は、既存のマルウェアやランサムウェア、フィッシングなどの攻撃手法やインフラに、COVID-19 のキーワードを加えることで人々の興味や恐怖心をあおり、攻撃の成功率を上げようとしている。マイクロソフトでは、どのような攻撃があっても動じない IT 環境を作り、維持することを提唱している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×