テレワーク時のVPN利用に半数近くの企業が課題を感じる(HENNGE) | ScanNetSecurity
2022.08.15(月)

テレワーク時のVPN利用に半数近くの企業が課題を感じる(HENNGE)

HENNGEは、緊急事態宣言下における「企業のテレワークとVPN利用に関する企業調査」の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
HENNGE株式会社は6月18日、緊急事態宣言下における「企業のテレワークとVPN利用に関する企業調査」の結果を発表した。同調査は6月8日から6月9日、従業員数100名以上の企業の情報システム部門従事者を対象に、インターネット調査により実施されたもの。有効回答数は309件。調査結果によると、回答した企業の83%がテレワーク時にVPNを利用していた。

VPNを利用した企業の中で、「VPN利用で課題があった」と回答した企業は48.5%と半数近くを占めた。また、62.6%がVPNのレスポンスの低下や遅延を経験していた。こうした課題に対する回避策として、「VPNの同時接続数を増やす」(54.4%)、「VPN機器の追加」(37.7%)、「VPNを利用する人や時間帯に制限をかけた」(27.2%)などの対策を行っていた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×