RAPID7が日本市場へマネージドセキュリティサービス本格展開(ラピッドセブン・ジャパン) | ScanNetSecurity
2022.01.17(月)

RAPID7が日本市場へマネージドセキュリティサービス本格展開(ラピッドセブン・ジャパン)

ラピッドセブン・ジャパン株式会社は6月8日、マネージドセキュリティサービス「Rapid7 MDRサービス」の日本市場向けの提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ラピッドセブン・ジャパン株式会社は6月8日、マネージドセキュリティサービス「Rapid7 MDRサービス」の日本市場向けの提供を開始した。

「MDR」は「マネージドEDR」の意ではなく「Managed Detection & Response」の略称で、ハンティングなどの検知から、その後のインシデントレスポンスや復旧までを含む概念だという。侵入前提の視点に立ち、防御よりもその後の「検知」「対応」フェーズに重点を置く。

Rapid7製SIEM製品「InsightIDR」を基盤として使用、ユーザ行動分析(UBA)、攻撃者行動分析(ABA)、ネットワーク通信分析(NTA)、機器内挙動分析(EDR)を中心としたログ分析からインシデントを検知し、対応につながる支援を提供する。

同社代表執行役社長 森下恭介氏は6月8日、Zoom記者会見を開催、サービスの日本語化や、日本語話者の顧客担当技術者のアサインなど、日本市場に向けて展開するための準備をとりわけ強調した。参考価格は3,000 IPで年間4,500万円。2021年12月末までに20社導入を目標とする。

森下氏は withコロナ時代のリモートワークによって「端末に依存しないWebシステムの増加」「非会社支給端末の利用増加」「社内LAN以外からの重要システムへのアクセス拡大」「VPN等のリモートアクセスポリシーの緩和」などにより、IT部門による中央集権管理がいっそう困難になり、社内システムへのアクセスが端末だけではなくユーザアカウント追跡の重要度が増すとして、「Rapid7 MDRサービス」の需要の存在を示した。

ラピッドセブン・ジャパンは2014年に日本法人を設立、現在社員10名の陣容。業界標準ともいえるペネトレーションテストツール「Metasploit Pro」で有名だが、他にも脆弱性管理の「InsightVM」、アプリケーションテスト「InsightAppSec」、統合型SIEM「InsightIDR」、SOARソリューション「InsightConnect」などの包括的製品ポートフォリオを持ち、InsightIDRは、ガートナー社 Magic QuadrantのSIEMカテゴリでリーダーに選ばれている。また、世界中に張り巡らせたハニーポットネットワークを活用した「Project Heisenberg」など、さまざまな調査研究活動でも存在感を示している。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×