メール誤送信で46名の個人情報流出、監督官庁に報告し 今後メール配信システム導入予定(大成建設ハウジング) | ScanNetSecurity
2020.05.26(火)

メール誤送信で46名の個人情報流出、監督官庁に報告し 今後メール配信システム導入予定(大成建設ハウジング)

大成建設ハウジング株式会社は4月28日、メール誤送信による顧客の個人情報流出が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
大成建設ハウジング株式会社は4月28日、メール誤送信による顧客の個人情報流出が判明したと発表した。

これは同社従業員が、顧客のメールアドレスを誤って「To」に設定しメールを一斉送信したために顧客の個人情報が流出したというもの。

流出したのは顧客46名分の氏名とメールアドレス。

同社では誤送信判明後、顧客に対し電話とメールにて送信した当該メールの削除を依頼済みで二次被害は確認されておらず、また監督官庁である国土交通省に個人情報流出について報告済み。

同社では今後、社外複数名にメール送信する際にはメール配信システムを全従業員対象に導入し、顧客の氏名とメールアドレスが表示されないようにし、再発防止に取り組むとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×