日本以外で製造されたトヨタ車のDCUにDoSなどの脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2020.05.28(木)

日本以外で製造されたトヨタ車のDCUにDoSなどの脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、トヨタ自動車製DCU(ディスプレイコントロールユニット)に脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月30日、トヨタ自動車製DCU(ディスプレイコントロールユニット)に脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは8.2。製品利用者への周知を目的に、開発者が報告を行った。

対象となるのは、次の地域および期間に製造された車両に搭載されている2017年製DCU

車種:LC、LS、NX、RC、RC-F、CAMRY、SIENNA
期間:2016年10月から2019年10月
地域:日本以外の全地域

トヨタ自動車が提供するDCUには、BlueBorneの脆弱性に起因する脆弱性(CVE-2020-5551)が存在する。この脆弱性が悪用されると、第三者によってDCUにサービス運用妨害(DoS)攻撃が行われたり、任意のコマンドを実行されたりする可能性がある(車両運動制御を除く)。また、DCUを経由して車両に対する操作が行われる可能がある。開発者によると、本脆弱性に対応したDCUのアップデートを提供しているとのこと。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×