EC事業者騙るフィッシング詐欺が増加、ブランドでは楽天が2位に(BBSS) | ScanNetSecurity
2022.05.28(土)

EC事業者騙るフィッシング詐欺が増加、ブランドでは楽天が2位に(BBSS)

BBSSは、「インターネット詐欺リポート(2020年1月度)」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
BBソフトサービス株式会社(BBSS)は3月12日、「インターネット詐欺リポート(2020年1月度)」を発表した。本レポートは、同社の「詐欺ウォール / Internet SagiWall」で検知・収集した危険性の高い詐欺サイトの分析結果を報告するもの。これによると、1月度はECサイト事業者をかたるフィッシング詐欺サイトが増加。11月の170件から12月には159件まで減少し、1月は210件と前月の1.32倍まで増加した。

また、詐欺ウォールで検知した同様のフィッシング詐欺サイト数も2019年12月と比較し2020年1月は3.63倍に増加しており、多くの人がフィッシング詐欺サイトに誘導されていることが分かるとしている。1月度のフィッシング詐欺サイトブランドランキングの上位は、1位「Amazon(前月1位)」、2位「楽天(同9位)」、3位「Apple ID(同2位)」、4位「Microsoft(同3位)」、5位「佐川急便(同7位)」となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×