「vBulletin」の脆弱性を狙うアクセスが増加(警察庁) | ScanNetSecurity
2019.11.20(水)

「vBulletin」の脆弱性を狙うアクセスが増加(警察庁)

警察庁は、「vBulletin の脆弱性(CVE-2019-16759)を標的としたアクセスの観測等について」とする注意喚起を「@police」において公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
警察庁は10月29日、「vBulletin の脆弱性(CVE-2019-16759)を標的としたアクセスの観測等について」とする注意喚起を「@police」において公開した。同庁のインターネット定点観測システムでは、2019年9月25日以降、フォーラムサイトを作成するためのソフトウェア「vBulletin」の脆弱性を標的とした宛先ポート80/TCPに対するアクセスを観測しているという。

vBulletinには、9月24日にリモートから任意のコードを実行される深刻な脆弱性(CVE-2019-16759)が公表されており、海外のWebサービスで同脆弱性を対象としたPoCが公開されている。観測したアクセスの中には、同脆弱性を悪用し、サーバ内の特定ファイルを改ざんする行為が含まれていた。この改ざんは、遠隔から被害サーバに任意のコードを実行させる際に、特定の文字列(パスワード)を必要とする仕組みを組み込むもので、他の攻撃者の利用を制限するためのものと見ている。

注意喚起にはこのほか、「WS-Discovery に応答する機器を標的としたアクセスの観測について」も掲載している。観測したアクセス内容を確認したところ、DDoS攻撃に悪用可能な WS-Discovery に応答する機器の探索行為とみられるアクセスがあったという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×