複数のSSL VPN製品の脆弱性に対する実証コードが公開、対策を呼びかけ(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2022.01.25(火)

複数のSSL VPN製品の脆弱性に対する実証コードが公開、対策を呼びかけ(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、「複数の SSL VPN 製品の脆弱性に関する注意喚起」を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月2日、「複数の SSL VPN 製品の脆弱性に関する注意喚起」を発表した。JPCERT/CCでは現在、Palo Alto Networks(CVE-2019-1579)、Fortinet(CVE-2018-13379)、Pulse Secure(CVE-2019-11510)のSSL VPN製品の脆弱性に対する実証コードなどの詳細な情報が公表されていることを確認しているという。

これらの脆弱性を悪用された場合には、攻撃者がリモートから任意のコードを実行できる可能性(CVE-2019-1579)や、任意のファイルを読み取り、認証情報などの機微な情報を取得する可能性(CVE-2018-13379, CVE-2019-11510)があり、これ以外の脆弱性情報も公開されている。

すでに、Pulse Connect Secureの脆弱性(CVE-2019-11510)を悪用しようとするスキャンをBad Packets社が確認しており、JPCERT/CCのセンサでも同様のスキャンとみられる通信を観測している。JPCERT/CCでは、各ベンダが提供する情報を参考に、修正済みのバージョンにアップデートするよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×