マネージドEDRサービスの対象に「CrowdStrike Falcon」追加(ラック) | ScanNetSecurity
2019.11.12(火)

マネージドEDRサービスの対象に「CrowdStrike Falcon」追加(ラック)

ラックは、エンドポイントのセキュリティ対策であるEDRのマネージドサービスの対象にCrowdStrikeを加えた「マネージドEDRサービス for CrowdStrike」の提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ラックは8月21日、エンドポイントのセキュリティ対策であるEDR(Endpoint Detection and Response:エンドポイントでの検知と対応)のマネージドサービスの対象にCrowdStrikeを加えた「マネージドEDRサービス for CrowdStrike」の提供を開始すると発表した。「マネージドEDRサービス for Windows Defender ATP」に続く第2弾のマネージドEDRサービスサービスとなる。

ラックではCrowdStrike社の「CrowdStrike Falcon」を、未知の脅威に対する検知精度の高さや、脅威インテリジェンスとの連携や脅威ハンティング機能に優れると評価。ユーザに代わりラックがエンドポイントの監視・隔離・調査を対応を行う。常時監視やユーザに影響を及ぼす攻撃が発生した際の対象端末の論理隔離を、運用監視センター「JSOC」が行い、調査や分析はフォレンジック専門チーム「サイバー救急センター」が実施する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×