退職した教員のメールアカウント不正使用、フィッシングメール送信(札幌医科大学) | ScanNetSecurity
2024.05.28(火)

退職した教員のメールアカウント不正使用、フィッシングメール送信(札幌医科大学)

北海道公立大学法人札幌医科大学は6月25日、同学の元教員のメールアカウントが不正使用されフィッシングメールが送信され学内外の約8,000名が受信したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
北海道公立大学法人札幌医科大学は6月25日、同学の元教員のメールアカウントが不正使用されフィッシングメールが送信され学内外の約8,000名が受信したことが判明したと発表した。

これは平成28年度に退職した同学の元教員のメールアカウントが不正使用され、6月23日朝から24日朝にかけて同学を詐称しアカウントのアップグレードを指示する内容のフィッシングメールが送信されたというもの。

同学では、本件判明後に当該アカウントのパスワードを変更しメール送信を停止した。同学によると、パスワードの使い回し等により、アカウントに関する情報が流出した可能性が高く、現時点では個人情報漏えい等の被害は確認されていないとのこと。

同学では今後、アカウントやパスワード等の適切な管理について周知徹底を図るとともに、情報セキュリティ対策の強化に努め
る。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×