教員用メールシステムへの不正アクセス、大量の迷惑メール送信の踏み台に(山口県立大学) | ScanNetSecurity
2024.06.17(月)

教員用メールシステムへの不正アクセス、大量の迷惑メール送信の踏み台に(山口県立大学)

公立大学法人山口県立大学は5月29日、同学の教員用メールシステムが海外から不正アクセスを受け、大量の迷惑メール送信の踏み台として悪用されたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
公立大学法人山口県立大学は5月29日、同学の教員用メールシステムが海外から不正アクセスを受け、大量の迷惑メール送信の踏み台として悪用されたことが判明したと発表した。

これは同学が構成員に発行したメールアカウントのIDとパスワードが不正利用され、不特定多数の宛先に大量の迷惑メールが送信されたというもの。不正アクセスを受けたアカウントは事案発覚直後に削除を行い、以降の迷惑メール送信は無い。

同学の調査によると、不正アクセスを受けたのは教員用メールシステムのみで、その他の学内システムに侵入された痕跡はなく、個人情報の流出は無いとのこと。

同学では今後、学内全教職員にアカウントとパスワードの適切な管理について周知徹底を図り、より一層のセキュリティ対策の強化に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×