中国サイバー攻撃組織の行動原則、中国製造 2025 と超限戦 | ScanNetSecurity
2020.05.29(金)

中国サイバー攻撃組織の行動原則、中国製造 2025 と超限戦

「(サイバー攻撃によって)たとえば企業の株価がドカンと下がるとか、急に市場がなくなるという訳ではなく、少しずつ中国が競争力を上げて、市場に浸透し、類似商品でマーケットを取られていくような構図が背景にある(柳下氏)」

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
 2018 年暮、マクニカネットワークス株式会社によるサイバー攻撃動向をテーマにしたメディア向け勉強会が開かれた。開催から日数を経ているが事業会社による情報発信としてはあまり見ない内容であり、詳細を省き要点をごくかいつまんで記事として配信する。

 すでに報じた同社 セキュリティ研究センター 政本 憲蔵 氏の講演が、PLA など攻撃主体の組織や体制に関する情報だとすると、本記事で紹介する同社 セキュリティサービス室 室長 柳下 元 氏の講演は、組織の行動方針や計画に関わるものだった。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×