個人のマルウェア感染率は企業の二倍、半数以上が1年以内に再感染(ウェブルート) | ScanNetSecurity
2019.11.20(水)

個人のマルウェア感染率は企業の二倍、半数以上が1年以内に再感染(ウェブルート)

ウェブルートは、1年間のサイバー脅威のデータを分析した「ウェブルート脅威レポート2019」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ウェブルート株式会社は4月16日、1年間のサイバー脅威のデータを分析した「ウェブルート脅威レポート2019」を発表した。これによると、企業エンドポイントのウイルス感染率が32%であるのに対し、コンシューマーエンドポイントの感染率は68%と、 2倍以上の差が見られた。また、感染したデバイスの半数以上(53%)が1年以内に再感染していた。

フィッシング攻撃は前年から36%増加しており、77%が金融機関を騙るものであった。また、標的となった金融機関のフィッシングページの80%以上がHTTPSサイトであった。フィッシングサイトは前年から220%増加し、偽装された企業の第1位はGoogleとなっている。なお、悪意あるURLの40%が安全なドメインから検出されている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×