フィッシングは640%の増加、HTTPS導入率は27%に--年間レポート(ウェブルート) | ScanNetSecurity
2022.01.18(火)

フィッシングは640%の増加、HTTPS導入率は27%に--年間レポート(ウェブルート)

ウェブルートは、「ウェブルート脅威レポート2020」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ウェブルート株式会社は5月12日、「ウェブルート脅威レポート2020」を発表した。同レポートは、同社のクラウドベース機械学習アーキテクチャであるWebroot脅威インテリジェンスプラットフォームで取得・分析したもの。2019年年間におけるマルウェア、ランサムウェア、高リスクURL、フィッシング攻撃、悪質なIPアドレス、有害なモバイルアプリなどの状況と今後の予測がまとめられている。

レポートによると、サイバー犯罪者らは日々防御を回避する新たな方法を探し続けている一方で、長く利用されてきた伝統的な犯行手口を展開している実態が明らかになったとしている。その顕著な例として、フィッシング攻撃の640%増とWindows 7を狙うマルウェアの125%増を挙げている。フィッシングは急激な増加を示しており、すべてのサイトに対するフィッシングサイトの割合は、2019年1月には0.15%だったのが、12月には0.96%まで増加した。また、HTTPSを使用するフィッシングサイトは、2018年の15%から2019年には27%に上昇している。

ランサムウェアによるサイバー攻撃では、攻撃者が企業とそのインフラについて学び、成功の可能性を高めることに注力していることがわかった。また、身代金の金額が上昇しており、平均額は第1四半期の36,295ドルから第4四半期には41,198ドルに上がっている。レポートではこのほか、悪意のあるURLの1/4は悪意のないサイトでホストされていること、Windowsエクスプロイトに関連するIPアドレスが360%増加したことなどを紹介している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×