巨大情報漏えいファイル群「コレクション・ナンバーワン」発見、日本人アドレス2,000万件含(ソリトン) | ScanNetSecurity
2020.11.24(火)

巨大情報漏えいファイル群「コレクション・ナンバーワン」発見、日本人アドレス2,000万件含(ソリトン)

ソリトンは、サイバー空間の調査中に、新たに「Collection#1」と呼ばれる巨大な漏えいファイル群を発見。この分析により日本人や日本の組織の被害を特定したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社ソリトンシステムズ(ソリトン)は2月21日、サイバー空間の調査中に、新たに「Collection#1」(コレクション・ナンバーワン)と呼ばれる巨大な漏えいファイル群を発見。この分析により日本人や日本の組織の被害を特定したと発表した。この調査は、同社が2017年10月に発表した企業や官公庁、自治体、各種団体の「漏えいアカウント被害調査」サービスの提供に向けて実施していたもの。

巨大なファイル群である「Collection#1」には、さまざまなファイル形式を持つ12,400を超えるファイルで構成されており、そのほとんどがメールアドレスとパスワードのセットとなっている。総レコード数の合計は26億9,000万を超える。このうち、日本人の漏えいメールアドレスとパスワードのセットは2,002万レコードあり、新規に発見した数は803万件。漏えい被害に遭ったと思われる日本のサイトの総数は42サイト、新規に発見した数は6サイトとなっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×