「バニーファミリー横浜ネットショップ」に不正アクセス、カード情報が流出の可能性(B.F.Yokohama) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.22(木)

「バニーファミリー横浜ネットショップ」に不正アクセス、カード情報が流出の可能性(B.F.Yokohama)

株式会社B.F.Yokohamaは2月12日、同社が運営するうさぎ雑貨や飼育用品を扱う「バニーファミリー横浜ネットショップ」にて外部からの不正アクセスがあり一部の顧客のクレジットカード情報が流出した可能性が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社B.F.Yokohamaは2月12日、同社が運営するうさぎ雑貨や飼育用品を扱う「バニーファミリー横浜ネットショップ」にて外部からの不正アクセスがあり一部の顧客のクレジットカード情報が流出した可能性が判明したと発表した。

これは顧客からクレジットカード決済不具合の問い合わせがあり調査を行ったところ、2018年9月28日に不正ファイルが埋め込まれたことが発覚し不正ファイルを削除したが、その後一部のクレジットカード会社から、同サイトを利用した顧客のカード情報の流出懸念について連絡を受け、2018年10月25日に同サイトでのカード決済を停止したというもの。

カード決済停止と同時に第三者調査機関による調査も行われ、2018年12月26日に完了した結果によると、同サイトのシステムの一部の脆弱性をついたことによる第三者の不正アクセスにより偽のカード入力画面へ移動するように改ざんが行われ、同サイトで商品を購入した顧客のカード情報が流出し一部は不正利用された可能性があることを確認した。

漏えいの対象となるのは、2018年6月28日から2018年10月25日の期間に「バニーファミリー横浜通販サイト」にてカード決済を行った顧客241件で、カード名義、カード番号、有効期限、セキュリティーコードが流出した可能性がある。該当する241件の顧客へは別途書状にて個別に連絡を行う。

なおバニーファミリー横浜の店舗でのカード決済については、システムが異なるために情報流出はない。

既に同社では、カード会社と連携し流出した可能性のあるカード取引のモニタリングを継続して実施し、不正利用の防止に努めており、顧客にも利用明細書の請求項目に不審点がないか注意するよう呼びかけている。

また2018年11月12日に所轄警察である神奈川警察署に被害届を提出し、2019年1月11日には個人情報保護委員会にも報告を行った。

同社では、調査結果を踏まえてシステムのセキュリティ対策と監視体制の強化を行い再発防止を図っており、改善後の同サイトの再開については決定次第、Webサイト上にて告知を行う。なお現在は、代引き取引と振込み取引のみ扱っている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×