「Beyond Publishing」に不正アクセス、利用者情報712名分が流出の可能性(学研プラス) | ScanNetSecurity
2024.02.28(水)

「Beyond Publishing」に不正アクセス、利用者情報712名分が流出の可能性(学研プラス)

株式会社学研プラスは2018年12月26日、同社が運営する「Beyond Publishing」のサイトに第三者からの不正アクセスが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社学研プラスは2018年12月26日、同社が運営する「Beyond Publishing」のサイトに第三者からの不正アクセスが判明したと発表した。

これは12月19日に、同サイト開発の委託先から脆弱性についての連絡があり調査を開始したところ、不正アクセスの痕跡を確認したというもので、翌12月20日には当該サイトのサービスを停止し情報流出の可能性の調査を開始した。

個人情報流出の可能性があるのは、同サイトの環境下で提供している「学研図書ライブラリー」サービスの利用者最大712人の氏名、ニックネーム、メールアドレス。

同社では、個人情報流出の可能性がある「学研図書ライブラリー」利用者に連絡を行いお客様窓口を設置した。引き続き原因の徹底究明を急ぐとともに再発防止を徹底するとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×