不正アクセスが原因でカード情報を含む2年分の個人情報が流出(サンワ食研) | ScanNetSecurity
2024.02.28(水)

不正アクセスが原因でカード情報を含む2年分の個人情報が流出(サンワ食研)

流出の対象となるのは、2016年11月14日から2018年10月3日の期間の同ショップ会員及びカード決済を利用者が対象で、流出の可能性のある個人情報データは最大で8,928件、カード情報に関するデータは最大1,142件。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
サンワ食研株式会社は12月20日、同社が運営する「温効生姜オンラインショップ」のサーバに外部から不正アクセスがあり顧客の個人情報が流出した可能性が判明したと発表した。

これは2018年10月3日に、カード会社から決済代行会社を通じて同ショップでの情報流出の懸念がある旨の連絡を受け判明したというもので、被害拡大防止のため直ちに同ショップでのカード決済を停止し、同社とサーバ管理会社で保有していたログを基に調査会社に調査を依頼した。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×