複製「Windows7」などをプロダクトキーとセットで販売、逮捕(ACCS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.10(月)

複製「Windows7」などをプロダクトキーとセットで販売、逮捕(ACCS)

ACCSによると、旭川方面本部生活安全課と稚内署が、インターネットオークションを悪用し、権利者に無断で複製されたコンピュータソフトを販売するなどしていた61歳の無職男性を著作権法違反および商標法違反の疑いで逮捕した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は11月12日、旭川方面本部生活安全課と稚内署が11月11日、インターネットオークションを悪用し、権利者に無断で複製されたコンピュータソフトを販売するなどしていた札幌市手稲区の無職男性(61歳)を著作権法違反および商標法違反の疑いで逮捕したことを、著作権侵害事件として発表した。

男性は、2017年12月から2018年3月までの間、マイクロソフトコーポレーションが著作権を有する「Microsoft Windows7 Professional 日本語版 SP1対応版」(32bit版)等が複製されたDVD-RおよびUSBメモリ合計3点を、購入客3名に対し販売し、2018年4月に上記著作物等が複製されたDVD-R合計6枚を販売目的で所持していた。

男性は、インターネットオークションにおいて「インストールDVD」「正規認証プロダクトキー」等と商品説明し、海賊版とプロダクトキー、認証方法マニュアル等をセットにして販売していた。稚内署の捜査員がサイバーパトロールで発見し発覚、ACCSを通じて権利者に連絡したことが端緒となっている。警察によると、男性は3,000件以上の取引実績があり、約260万円を売り上げていたとみられる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×