「SYNフラッド」が大幅減少、帯域幅枯渇を狙うDDoS攻撃が増加(CDNetworks) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

「SYNフラッド」が大幅減少、帯域幅枯渇を狙うDDoS攻撃が増加(CDNetworks)

CDNetworksは、2018年第2四半期のDDoS攻撃の対応状況をまとめ、分析したセキュリティレポート「2018年第2四半期DDoS攻撃の動向と今後の見通し」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社シーディーネットワークス・ジャパン(CDNetworks)は10月11日、2018年第2四半期のDDoS攻撃の対応状況をまとめ、分析したセキュリティレポート「2018年第2四半期DDoS攻撃の動向と今後の見通し」を発表した。同レポートは、同社のDDoS防御対策サービス「クラウド・セキュリティ DDoS」の利用ユーザを対象に収集したDDoS攻撃パターンとトレンドを分析したもの。

同四半期は、ターゲットサーバのリソースを枯渇させる「SYNフラッド」が前期から57.7%と大きく減少した一方で、ネットワーク帯域幅を枯渇させる「UDPフラッド」が138.6%、「増幅」が87%増加し、これに「ICMPフラッド」を加えた3つの攻撃で全体の71%を占めた。SYNフラッド減少の主な要因は、IoT(Mirai)およびモバイルボットネット(WireX)の活動が減少したためであり、これによりDDoS攻撃の全体数も減少している。

レポートでは同四半期のDDoS攻撃の詳細な動向や、海外のセキュリティニュースなども掲載されている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×