パスワードリスト攻撃で6,458件のeoIDが不正ログイン被害(ケイ・オプティコム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.18(日)

パスワードリスト攻撃で6,458件のeoIDが不正ログイン被害(ケイ・オプティコム)

株式会社ケイ・オプティコムは8月16日、同社が提供するeoやmineoなどを利用するためのeoIDに対し外部からの不正ログインが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社ケイ・オプティコムは8月16日、同社が提供するeoやmineoなどを利用するためのeoIDに対し外部からの不正ログインが判明したと発表した。

これは8月15日に、特定のIPアドレスからeoIDへ不正ログインを試みる事象を確認し判明したというもの。
不正ログインの発生期間は8月13日22時05分から8月15日21時00分までで、同社では該当IPアドレスからのログインを遮断する等の緊急措置を実施した。

同社の調査では、サーバーへのハッキングによるeoIDの流出は確認されず、パスワードリスト攻撃による不正ログインであることが判明したとのこと。

8月15日21時現在で不正ログインが確認されたユーザー数は6,458件で、住所、氏名、性別、電話番号、生年月日、メールアドレスなどが閲覧された可能性がある。なお、口座情報とクレジットカード情報はマスキングをしており流出はない。

同社では8月15日より、eoIDへの不正ログインが確認されたアカウントに関してはパスワードを変更しなければ利用できないよう対策済みで、該当のユーザーには個別にメールで連絡している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×