75万円からスポット利用できる「潜伏脅威診断サービス」(日商エレ) | ScanNetSecurity
2022.12.06(火)

75万円からスポット利用できる「潜伏脅威診断サービス」(日商エレ)

日商エレは、ICTインフラに隠れたサイバー攻撃を可視化する「潜伏脅威診断サービス」を提供開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日商エレクトロニクス株式会社(日商エレ)は8月14日、ICTインフラに隠れたサイバー攻撃を可視化する「潜伏脅威診断サービス」を同日より提供開始したと発表した。スポット利用が可能で、参考価格は1回あたり75万円から(税別)。同社は2018年度に20件、2020年度には50件の導入を目標としている。

同サービスは、日商エレが代理店として販売するVectra Networks社製「Xシリーズ」を活用し、ユーザに代わり企業インフラ内に潜伏した脅威を調査・診断するというもの。LAN内トラフィックを一定期間モニタリングし、隠れたサイバー攻撃などを可視化し、専門のセキュリティアナリストが監視結果を分析の上、対策の提案を含めた診断レポートを提供する。これにより、適切なセキュリティ強化策の検討および実行が可能となるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×