複数のBluetooth実装に、通信内容の取得や改ざんが行われる脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2020.10.22(木)

複数のBluetooth実装に、通信内容の取得や改ざんが行われる脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Bluetoothの楕円曲線ディフィー・ヘルマン鍵共有(ECDH)において公開鍵を適切に検証していない脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月26日、Bluetoothの楕円曲線ディフィー・ヘルマン鍵共有(ECDH)において公開鍵を適切に検証していない脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは6.8。

Bluetooth の仕様では、相手から受け取った公開鍵が適切なものであるかの検証は必須ではない。このため、ECDH技術を基盤とした機器のペアリング方式で公開鍵を検証せずに共有鍵を生成している場合、秘密鍵の探索が格段に容易になることが指摘(CVE-2018-5383)されている。いくつかの実装では、Bluetoothの通信距離範囲内の第三者により、中間者攻撃(man-in-the-middle attack)により秘密鍵を取得され、機器間の通信内容を取得されたり改ざんされる可能性がある。

JVNでは、今後ソフトウェアやファームウェアのアップデートが提供されることが想定されるため、開発者が提供するアップデート情報を確認するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×