20年後の同窓会:米上院公聴会と、ハッカーが変えられなかった未来(2)Microsoft:これは理論上の脆弱性にすぎない(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

20年後の同窓会:米上院公聴会と、ハッカーが変えられなかった未来(2)Microsoft:これは理論上の脆弱性にすぎない(The Register)

国際 TheRegister

>>(1)発端

The Register:どういう経緯があって上院で証言することになったんですか?

ワイソパル:何があったかというとまず、 L0pht は組織化するにつれて脆弱性に関する調査をし始めました。Microsoftを解析している人たちに会ったことがきっかけで、僕らもMicrosoftの製品を大量に解析し始めました。多くの人はUnixやLinuxを対象にしていました。僕らはMicrosoftを対象にして、WindowsやInternet Explorerに脆弱性を発見しました。消費者向けのオペレーティングシステムですよ。みんなWindows95を使っていました。自分が使っているソフトウェアにたくさんの脆弱性があるなんて、誰も思いません。自分のマシンにパッチが必要こともわかりません。何もわからないんです。

だから僕らはウェブサイト上で自分たちの見つけた脆弱性を公表しました。そのうち報道関係者がサイトにたどり着いて、 L0pht はWindowsが安全じゃないと述べている、と言い始めました。

当時はそういうことは目新しかったんですね。彼らMicrosoftを最初に非難した集団の一つが L0pht でした。なので、僕らがMicrosoftをハックしたという悪評が立ちました。ハックしたのはネットワークじゃなく、ソフトウェアなんですが。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×