20年後の同窓会:米上院公聴会と、ハッカーが変えられなかった未来(1)発端(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

20年後の同窓会:米上院公聴会と、ハッカーが変えられなかった未来(1)発端(The Register)

国際 TheRegister

インタビュー:今から20年前、ボストンを拠点としたハッカー集団 L0pht (註)のクリス・ワイソパル(またの名をウェルド・ポンド)とその仲間たちが、インターネットはどうしようもなく安全性を欠いているとアメリカ上院で証言し、話題となった。

(註) L0pht、正式名称 L0pht Heavy Industries は数多くのセキュリティ関連の提案を公表した他、Windows NT 向けのパスワードクラッカー L0pht Crack を開発した。L0pht Heavy Industries は 2000 年にスタートアップ企業 @stake に買収された。脆弱性は理論上のものにすぎないとマイクロソフト社が述べた際には、 L0pht はエクスプロイトを開発して「1992 年以来、理論を実践に応用し続けてきた」というスローガンを掲げた。

現在ワイソパルは成功した起業家として、またコンピューターセキュリティの指導者として活躍している。アメリカ議会史上初のサイバーセキュリティ対策公聴会から 20 年という節目の年を迎え、彼は 3 人の仲間(スペース・ローグ、キングピン、マッジ)と共に、ワシントン州キャピトル・ヒル(註2)へと戻ってきた。

(註2)ハリウッド映画を見たことがない人のために説明しておくと、上院と下院からなるアメリカ議会の所在地である。

The Register 誌は、ロンドンで最近行われた情報セキュリティ会議で、アプリケーションセキュリティ企業 Veracode の共同創業者兼 CTO として出席したワイソパルに話を聞いた。彼によるとこの 20 年、それほど状況は改善していないようだ。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×