メール誤送信でボランティ登録希望者の個人情報が見える状態に(足柄ふれあいの村) | ScanNetSecurity
2019.11.21(木)

メール誤送信でボランティ登録希望者の個人情報が見える状態に(足柄ふれあいの村)

神奈川県立足柄ふれあいの村は5月16日、誤って個人情報や他の登録者のメールアドレスが見える状態で電子メールを送信したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
神奈川県立足柄ふれあいの村は5月16日、誤って個人情報や他の登録者のメールアドレスが見える状態で電子メールを送信したことが判明したと発表した。

これはボランティア登録を希望した1名のユーザーへ電子メールを送信する際に、誤ってCC欄にボランティア登録済みの12名がグループ化されたメールアドレスを入力したため、ボランティア登録を希望した1名の氏名、年齢などの個人情報と他の登録者のメールアドレスが見える状態になったというもの。

誤送信発生後にボランティア登録希望の1名、及びボランティア登録済みの12名に当該電子メールの削除を依頼したとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×