クラウド型サンドボックスとEDRを連携(ジュニパーネットワークス) | ScanNetSecurity
2022.09.28(水)

クラウド型サンドボックスとEDRを連携(ジュニパーネットワークス)

ジュニパーネットワークスはカーボン・ブラック・ジャパンとのグローバル・パートナーシップに基づき、ネットワークおよびエンドポイントの連携ソリューションを国内で提供すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ジュニパーネットワークス株式会社は5月25日、カーボン・ブラック・ジャパン株式会社とのグローバル・パートナーシップに基づき、さまざまな経路から社内に侵入した未知の脅威を迅速に検知し、隔離を可能にするネットワークおよびエンドポイントの連携ソリューションを国内で提供すると発表した。これにより、統合サイバーセキュリティプラットフォームを強化する。

同ソリューションでは、高度なサイバー攻撃につながる脅威を仮想実行環境により解析、検知するジュニパーネットワークスのクラウド型マルウェア対策サービス「Sky Advanced Thread Prevention(Sky ATP)」およびアプライアンス製品「Juniper Advanced Thread Prevention Appliance(JATP Appliance)」と、カーボン・ブラックのリアルタイムEDRソリューション「Cb Response」を統合。社内に侵入したサイバー脅威をエンドポイントレベルで検知、隔離し、ネットワークとの連携により悪意のあるサーバへの通信遮断や、社内への感染拡大防止を自動化するエンドツーエンドのセキュリティソリューションを実現するという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×