複数宛先に「CC」でメール送信、アドレス30件が流出(札幌医科大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.18(日)

複数宛先に「CC」でメール送信、アドレス30件が流出(札幌医科大学)

北海道公立大学法人札幌医科大学は5月15日、外部の複数の宛先にメール送信する際に設定を誤り宛先全員のメールアドレスが流出したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
北海道公立大学法人札幌医科大学は5月15日、外部の複数の宛先にメール送信する際に設定を誤り宛先全員のメールアドレスが流出したと発表した。

これは5月14日16時頃、同大学事務局経営企画課に所属する職員が北海道教育記者クラブ加盟等の報道機関15社(30件)にプレスリリース資料をメール送信する際、本来は宛先を「BCC」にすべきところを誤って「CC」で送信し、全ての受信者に送信先のメールアドレス30件が見える状態になったというもの。

同大学では、5月14日19時頃に各社へ誤って送信したメールの削除を依頼済みとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×