複数宛先に「CC」でメール送信、アドレス30件が流出(札幌医科大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

複数宛先に「CC」でメール送信、アドレス30件が流出(札幌医科大学)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

北海道公立大学法人札幌医科大学は5月15日、外部の複数の宛先にメール送信する際に設定を誤り宛先全員のメールアドレスが流出したと発表した。

これは5月14日16時頃、同大学事務局経営企画課に所属する職員が北海道教育記者クラブ加盟等の報道機関15社(30件)にプレスリリース資料をメール送信する際、本来は宛先を「BCC」にすべきところを誤って「CC」で送信し、全ての受信者に送信先のメールアドレス30件が見える状態になったというもの。

同大学では、5月14日19時頃に各社へ誤って送信したメールの削除を依頼済みとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×