中小・中堅企業向けマネージドEDRサービスをパートナーに展開(エフセキュア) | ScanNetSecurity
2022.01.27(木)

中小・中堅企業向けマネージドEDRサービスをパートナーに展開(エフセキュア)

エフセキュアは、独自のパートナー主導型マネージドEDRサービスを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エフセキュア株式会社は3月9日、独自のパートナー主導型マネージドEDRサービスを発表した。中小・中堅企業向けに、標的型およびファイルレスサイバー攻撃をはじめとする高度なサイバーセキュリティ脅威から保護するEDR(Endpoint Detection and Response)のマネージドサービスを、パートナーネットワーク経由で提供する。

同社のグローバル規模で展開する脅威アナリストによりチューニングされた人工知能を駆使し、ネットワークに侵入した高度な脅威を検出。パートナーに対応方法のガイダンスを提供することで、高度なサイバー攻撃への解決を支援する。中小・中堅企業は、同社が提唱する「人とマシンのユニークな組み合わせによるサービス」を、パートナー企業を通じて利用できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×