「Hitachi Command Suite製品」などに複数の脆弱性、対策版の適用を(HIRT) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

「Hitachi Command Suite製品」などに複数の脆弱性、対策版の適用を(HIRT)

日立製作所ソフトウェア事業部は、同社のセキュリティ情報サイト「HIRT」においてセキュリティ情報を公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
株式会社日立製作所ソフトウェア事業部は2月13日、同社のセキュリティ情報サイト「HIRT」においてセキュリティ情報を公開した。新たに公開された情報は、「Hitachi Command Suite製品における複数の脆弱性(hitachi-sec-2018-108)」および「Hitachi Device ManagerにおけるXXE脆弱性(hitachi-sec-2018-109)」の2点。

前者は「Hitachi Command Suite製品」のWindows版、Linux版、Solaris版が影響を受ける脆弱性で、クロスサイトスクリプティングやオープンリダイレクトを実行される可能性がある。後者はLinuxクラスタ環境の「Hitachi Device Manager」影響を受ける脆弱性で、XXE(XML External Entity)を実行される可能性がある。ともに対策版が提供されており、適用するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×