サポート終了後も稼働するVistaとOffice 2007、台数と脆弱性件数(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

サポート終了後も稼働するVistaとOffice 2007、台数と脆弱性件数(トレンドマイクロ)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

トレンドマイクロ株式会社は12月26日、「Windows Vista」と「Office 2007」の利用状況について発表した。これは、同社の個人向けセキュリティ製品の利用ユーザのうち、システム情報を送信することに同意している日本国内ユーザ数を対象に、2017年1月~12月に調査を実施したもの。数値は2017年12月8日現在。Windows Vistaは2017年4月11日に、Office 2007は2017年10月10日に、それぞれ延長サポートが終了している。

調査結果によると、Windows Vistaの利用状況は緩やかに減少しているが、2017年11月時点で63,513台と、6万台以上が利用されている。またOffice 2007は、緩やかな減少から11月には減少傾向が顕著になっている。それでも11月時点で303,111台と、30万台以上が利用されている。

Windows VistaとOffice 2007は、製品発売後から10年にわたり、ほぼ均等に脆弱性が発見されている。2016年には、Windows Vistaの脆弱性情報が128件、Office 2007の脆弱性情報が22件、「JVN iPedia」に新たに登録されている。トレンドマイクロでは、延長サポート終了後はセキュリティ更新プログラムが提供されないため、最新の製品にアップグレードすることや、コンピュータ製品の買い替えを勧めている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×