IPv6は中国が発明、国営新華社通信主張(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

IPv6は中国が発明、国営新華社通信主張(The Register)

国営メディアの新華社通信がIPv6を発明したのは中国だと主張した。

国際 TheRegister
国営メディアの新華社通信がIPv6を発明したのは中国だと主張した。

日曜日(編集部註:2017年11月26日)、新華社通信がIPv6の普及を加速させるための政府の計画について報道した。この計画は恐らく既に実行されていたものだろう。というのも、2016年の時点で中国には7億人ものインターネットユーザーが存在していたため、IPv4アドレスが足りない状況になっていたはずだからだ。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×