Scan勉強会「サイバー空間における日本企業及団体の情報漏えい実態」開催(イード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

Scan勉強会「サイバー空間における日本企業及団体の情報漏えい実態」開催(イード)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

株式会社イード ScanNetSecurityは、Scan勉強会#03「サイバー空間における日本企業及団体の情報漏えい実態」を12月18日に開催すると発表した。この勉強会は、同社が「サイバー空間における日本企業及団体の情報漏えい実態調査2017」を10月に刊行した記念として開催される。

同資料は、インターネット情報漏えい事故調査サービス「PassLeak」の協力のもと、DropBoxやTwitter等の、海外で発生した大規模情報漏えい事故計42事案を調査し、総数約25億件の漏えいデータの中から、ドメイン名称により日本の企業及び団体と推定される約一千万件の漏えいデータを分析したもの。

勉強会では「PassLeak」を運営するサイバーリサーチ株式会社 代表取締役 藤田 有悟 氏を招き、刊行資料には記載できなかった、日本企業及び団体のメールアドレスやアカウントが、どのようにインターネットに存在し、潜在的脅威となるかを解説する。

勉強会は12月18日(月)、東京都新宿区新宿住友ビルの同社大会議室「天」において、16時(15時40分開場)より行われる。参加定員は20名、参加費は無料。また参加者には、総漏えい件数と、漏えい事故毎の件数内訳の簡易個社レポートを会場でハードコピー(A4 1ページ)にて提供する(企業ドメイン1件に対し1部)。受講も仕込みはScan勉強会#03サイトから。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×