ショッピングサイトへの不正アクセスで最大635件のカード情報が流出の可能性(フローラ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

ショッピングサイトへの不正アクセスで最大635件のカード情報が流出の可能性(フローラ)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

株式会社フローラは11月15日、同社が運営するショッピングサイト「HB-101 ネットショップ本店サイト」が不正アクセスを受けクレジットカード情報が流出した可能性があることが判明したと発表した。

これは2017年5月22日に決済代行会社よりカード情報流出の懸念がある旨の連絡を受け調査したところ、同サイトのソフトウェアの脆弱性を突いた第三者からの不正アクセスにより、2017年4月22日~5月22日にカード決済を利用したユーザーのカード情報が流出した可能性があることが判明したというもの。

流出した可能性のあるカード情報は、ローマ字氏名、カード番号、有効期限、セキュリティコードで最大635件とのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×