産業用制御システムでもランサムウェアを検知--上半期レポート(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

産業用制御システムでもランサムウェアを検知--上半期レポート(カスペルスキー)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

株式会社カスペルスキーは11月9日、Kaspersky LabのICS CERTによる「2017年上半期の産業用自動化システムの脅威の状況」レポート(Threat Landscape for Industrial Automation Systems in H1 2017)を発表した。これは、同社製品が保護している産業用制御システム(ICS)コンピュータへの脅威について、2017年上半期(1月から6月)の状況をまとめたもの。

レポートによると、同期間に攻撃を検知したICSコンピュータは全体の37.6%で、2016年下半期から1.6ポイント減少している。業種別では、製造が31%で最も多く、エンジニアリング(24.5%)、教育(14.5%)、食品・飲料(9.7%)、エネルギー(4.9%)と続いた。検知したマルウェアの亜種は合計約18,000種類にのぼり、そのファミリーは2,500種類を超えている。

また同期間は、ランサムウェアが世界的に大流行したが、産業用制御システムも影響を受けている。暗号化型トロイの木馬による攻撃を検知したICSコンピュータの数は、1月の43台から6月には3倍の131台に増加した。全体で33種類のファミリーに属する暗号化型ランサムウェアを発見しているが、産業用自動化ソフト用に特化したプログラムは見つかっていない。感染手段はビジネスメールを装ったスパムメールが多かったという。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×