セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT) | ScanNetSecurity
2020.11.30(月)

セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT)

SBTは、サイバー攻撃によるセキュリティインシデントへの対応を目的とした組織内CSIRTの構築、および既存CSIRTの見直し・強化を支援する「CSIRT構築支援サービス」の提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)は10月25日、サイバー攻撃によるセキュリティインシデントへの対応を目的とした組織内CSIRTの構築、および既存CSIRTの見直し・強化を支援する「CSIRT構築支援サービス」の提供を開始すると発表した。同サービスは、設計、構築、運用支援の3つのフェーズのメニューを用意し、ニーズに合わせた目標設定と設計、無理のない体制・運用の構築などを支援する。

具体的には、企業の現状をセキュリティの専門家が分析し、要望に応じたCSIRTの早期立ち上げやCSIRTの強化・見直しを支援する。また、CSIRTの安定運用を支援するオプションとして、CISOの相談対応や会議体への参加、定期的な疑似攻撃による脆弱性の確認のほか、マネージドセキュリティサービス(MSS)としてインシデント判断や復旧などのセキュリティ運用・監視まで提供する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×